最近よく笑っていますか?

こういった文章を冒頭から太字で
持ってくると怪しい団体のようですが
決してそうではありませんのでご安心ください。

笑う事はとっても大切で
そのために
笑える環境、笑える人付き合いをすることは
とっても大切です。

では笑う事はよいのでしょうか?

理由はこれに関しては多くありますが

今日はこの理由の1つ自律神経の
コントロールについて!

自律神経とはその名の通り
自立した神経で
私たちの意思とは関係なく
私たちの身体をコントロールしています。

消化器や心臓、血管系などは
まさにこのコントロールを受けています。

自律神経には

交感神経、副交感神経の2つの神経があります。

グーグル先生に聞いたら一発で
教えてくれるのですべてを書きませんが

おおまかに

交感神経は活発に動いている時

副交感神経はリラックスしている時に

活性化していると思ってください。

この2つの神経はどちらも大切なのですが
ストレスに日々さらされている人は
交感神経が優位になっていることがおおいです。

こうなると身体は緊張状態になってしまい
不調が起きる原因となってしまいます。

これら神経は自立した神経で
基本コントロールする事はできないのですが
ただ一つコントロールする方法があります。

それは呼吸です。

ちなみに

息を吸った時は交感神経が優位となり
息を吐いた時は副交感神経が優位となります。

それではここまで読んでいただいた方に質問です。

笑った時は息を吐いていますか?吸っていますか?

 

正解は・・・

吐いています!

つまり笑える経験をして笑えば笑うほど
私たちはリラックスして
肩の力が抜けていくのです。

そう考えると

笑顔をたやさず
周りを明るく笑顔に変えてくれる人は
治療家ともいえるかもしれませんね!

それでは今日も笑える体験をたくさんして
たくさん笑っていきましょう!