昨日の新聞に
BMIの時代における推移が
載っていました。

BMIとは?

身長と体重のバランスをみて肥満度をみる数値です。

すると男性に関しては戦後

一貫して上昇しています。

しかし・・

女性の場合
戦後は上昇していますが

70年代から下降し始めています。

そして2000年代から
上昇、下降の一進一退を繰り返しています。

この70年代からはじまる女性の
BMI数値はなぜ起きたと思いますか?

この記事を書いた人の考察は

「美」に対しての意識が高いからであり

2000年代からの変化は

「美」への価値観の変化により
細さではなく「私らしさ」の追求が
「美」の対象となったから
のような事を書いていました。

この記事を見て
女性の方が「どう見られているか」を
大事にしているのだな~と感じます。

ゆえに自身の身体をコントロール
できていると思うのです。

対して男性のBMIの推移を見ると
女性とはまったく対照的です。

つまり周りにどうみられるか無頓着な方が
多いという事です。

身体にとって人生にとって
どちらの方が良いのか?

私は圧倒的に女性の思考のほうが良いと思います。

過度に意識する必要はないですが
無人島で生きない限り
誰かとともに生活するので
周りにどうみられるかを考え
生活することは大切な事ではないかと思います。